「ペリカンスーベレーンM400」をネットで買ったらハズレを引いた話とその症状について

3.0

パイロットのコクーンから万年筆沼に入り込み、色彩雫からインク沼に至って、高級万年筆を購入するようになりました。

その中で一番最初に購入したのが、ペリカン「スーベレーンM400」の青縞でした。

金ペンらしい柔らかな書き味が存分に味わえるだけでなく、美しい縞模様のペン軸が個性満点で、持っているだけで背筋が伸びるような、己を引き上げてくれる逸品です。

しかし、一点問題が。

ネット購入でハズレを引いてしまったのです。

今回は、スーベレーンM400をネット購入した時の当たり外れとその症状について実体験から解説します。

ペリカンスーベレーンM400とは?

スーベレーンM400は、ドイツの老舗万年筆メーカー「ペリカン」を代表するモデルです。

スーベレーンはドイツ語で「スグレモノ/逸品」という意味があり、まさにペリカンのフラッグシップモデルということとなります。

樹脂で作られたペン軸の縦縞模様が美しく工芸品的な価値も感じられます。また、本体吸入式の万年筆のため、様々なインクを楽しむことができる点も本格派を感じさせてくれます。

M400のサイズ感と人気の理由

スーベレーンシリーズは、M200、M400、M600、M800、M1000というラインナップに分かれており、数字が進むほどに軸の長さが長くなり、太さも太くなっていきます。

今回レビューするM400は、スーベレーンシリーズの中ではやや短めの部類に入るモデルですが、その小ささが胸ポケットに綺麗に収まるサイズ感となっており、スーベレーンシリーズの中でも最も人気の高いモデルとなっています。

小さいというと、書きづらいようなイメージを持たれることもありますが、キャップをペンの後ろに差すと、絶妙な重心バランスになるように調整されており、不思議なほど短さによる不便は感じません。

そのバランス感が人気の秘訣です。

ペリカンスーベレーンM400はネットで買うと1万円以上安く買える

ペリカンのスーベレーンM400は、実店舗でも買うことは出来ますが、ネットでも買うことができます。

基本的に万年筆は実際に試し書きをして、書き心地を気に入った万年筆をそのまま購入するべきですが、ネット購入だと店舗購入に比べて格段に安く手に入るというメリットがあります

そのメリットも数百円程度なら無視できるレベルですが、それが数万円レベルだと無視はできません。

通常、スーベレーンM400は42,000円程度が定価となっていますが、ネットで買うと最安で27,000円ほどと1万円以上の価格差が出ます。さらに、ポイントなども考慮するとネットのメリットは計り知れません。

しかし、そんなネット購入にもデメリットがあります。

それは、当たり外れが激しいということです。

ネット購入の当たり外れとその症状

国産メーカーの商品の場合は、検品がしっかりしていますし、輸入による長距離輸送などを経ていない分、品質が安定しているため、ネットで買ってもそこまでハズレを引くことはないと言われますが、舶来品の場合は個体差が大きく、大当たりを引くこともあれば、大外れを引くこともあるというのが定説です。

私も、スーベレーンM400を購入した際、ネット購入を利用したのですが、御多分にもれず大外れを引いてしまいました。

具体的なスーベレーンM400の不具合

私の個体に発生した症状は、横線や斜め上の線を書こうとするとかすれてしまうという症状でした。

日本語の筆記を行うと縦方向や真横だけでなく上下左右にペンを動かさなければいけないため、かすれやすいというのは致命的な状態です。

少しでもインクフローを良くしようと粘度の低い「色彩雫」を使用していましたが、それでも全く症状は改善せず、使う気持ちがどんどん萎えて行き、正月の年賀状の宛名書きくらいにしか使わなくなって行きました。

解決策:ハズレを引いたらペンクリニックへ!

そして、その後に購入したパイロット「カスタムヘリテイジ91」にすっかり出番を奪われ、活躍の機会を失っていたスーベレーンM400でしたが、ある日、自宅近くの大型文具店でペンクリニックが行われることになり、ついに光明が差し込みます。

ペンクリニックとは、文房具店の店頭に文具メーカーの技術者が来訪し、ユーザーのペンを無料で診断、調整してくれるというイベントです。

当日は私も朝から並び早速ペンクリニックで調整してもらいました。

その日の主催はパイロット社で、来ていた職人の方もパイロットの社員さんでしたが、ペリカンの万年筆を快く看てくださいました。

判明した不具合の原因とは?

診断の結果、どうやらニブのスリットが狭くインクフローが少ないという問題と、ペンポイントが上下にずれてしまっており特定の方向にだけ掠れやすくなっていたことが判明しました。

技術者さんの診断による原因の特定ののち、まずはスリットを開く作業を行い、その後、ペンポイントのズレを押し付けたり曲げたりして調整し、最後はヤスリでペンポイントを磨いていただき終了しました。

10分ほどの調整の結果、書き味は劇的に復活し、放置されていたスーベレーンM400は再び主戦力として帰ってくることができたのです。

…いかがでしたでしょうか?

舶来万年筆のネット購入にはリスクがありますが、メリットもかなりあります。

いざとなったらペンクリニックや調整コーナーのある文具店に持ち込めばいいんだという、安心感さえあれば思い切ってお得な万年筆にチャレンジできるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました