日本製オックスフォードシャツ『マクバトロス』がコスパ最強の理由

マクバトロスの白シャツ

ファッションセンスに自信がありません。

ですので、一度気に入った服は同じ形のものを何枚も買ってしまいます。

そんな私は、私服の時に着るシャツは常に「マクバトロス」というブランドのオックスフォードシャツと決めており、同じサイズ、同じ色で6枚所有しています。

上野アメ横の老舗アメカジ店「アメリカ屋」で出会って以来、その着心地と細身の体系に合ったサイズ感に惚れ込みました。

マクバトロスの魅力は痩せ型の体系に合わせたピタッと来るサイズ感

マクバトロスに出会ったのは、先に書いた通り上野アメ横の「アメリカ屋」でした。

上野アメ横のアメリカ屋

私はエレファントカシマシのファンで、学生時代から白シャツ黒ズボンにはこだわりがありました。

それまでは白のブロードシャツが多かったのですが、アイロンをかけないとシワシワになってしまう面倒くささなどから、生地が分厚く多少のシワは味として楽しめるオックスフォードシャツに行きつきました。

しかし、自分の体系は基本痩せ型なのに野球をやっていたため肩幅はあるという、よく言えば細マッチョ体系で、シャツを肩幅に合わせると胴体がダボっとしてしまうし、胴体に合わせると袖丈が足りなくなったり、肩が窮屈になるなど、ぴったりなシャツを見つけるのに大変苦労したのです。

そんな時に出会ったのが、「マクバトロス」でした。

マクバトロス

マクバトロスは、かなり細めの作りになっています。

MサイズでユニクロのSサイズくらいのサイズ感だと思ってもらって間違いありません。

そのくせ、肩幅や袖丈は一般的なMサイズなりの丈感なので、細マッチョ系や骨格が骨ばってる痩せ型の人にはかなりオススメできるサイズ感です。

一般的なオックスフォードよりも脇の下から下がタイトに作られており、体のラインを美しく見せてくれます。

「マクバトロス」は墨田区のメーカーが作っている国産オックスフォードシャツ

そして、品質が高いこともマクバトロスの特徴です。

マクバトロスは「メイドインジャパン」を売りにしています。

上野アメ横のアメリカ屋でどこが作っているのかを問い詰めたところ、会社名までは教えてくれませんでしたが、「墨田区のアパレル会社が作っている」というところまでは教えてくれました。

つまり、メイドインジャパンどころか、メイドイン東京なわけです。

マクバトロスの工場

どうやらその会社は、ハイブランドをはじめとした多くのブランドのOEMで有名な工場らしく、品質は折り紙付きとのこと。

もちろん、その品質は着ればすぐに分かります。

細かなこだわりが嬉しい本物の「貝ボタン」

そして、細かなこだわりが詰め込まれているのもうれしいところ。

その最たるところが、貝ボタンです。

マクバトロスの貝ボタン

貝ボタンというのは、読んで字のごとく、プラスチックではなく貝を使ったボタンです。

貝殻の裏側の虹色に輝く部分が表に来るようにボタンとして加工しており、独特の光沢があり、プラスチックボタンよりも薄く作れるのが特徴です。

その美しさから、1万円を超える高級シャツなどに使われることの多いボタンですが、マクバトロスではすべてのボタンが貝ボタンとなっています。

コスパ最強クラスの低価格を実現!これぞマクバトロスの心意気

マクバトロスの職人技

メイドインジャパンの丁寧な縫製、絶妙なサイズ感、貝ボタン。

これらの高級シャツの特徴をつぎ込んだシャツがいくらだと思いますか?

マクバトロスのシャツの値段は、5000円なのです。

無印良品のシャツでもほぼ同価格帯くらいだと思いますので、それと変わらない価格でこれだけの高品質シャツが買えるというのは驚きです。

さて、いかがでしたでしょうか?

私は、是非マクバトロス仲間を増やしたい!このシャツのフィット感の良さと、細かな意匠に感じる上質さを多くの人に体感してもらいたいのです。

是非、まずは一着手に取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました